プラズマ・電撃破砕・ダルダ破砕を利用した岩盤破砕工法のエコロジー技術です。
エコロジー・岩盤破砕   エコロジー・テクTop  
微生物培養土UP 植物ハンター 生ゴミ 生物
微生物自然水UP 水質浄化 ビオトープ 水槽
岩盤破砕
リンク
生活情報
会社概要 特許等経歴 ご問合せ:TEL 090-7481-1000 メール:hce586012000@yahoo.co.jp 土肥(ドヒ)

岩盤破砕工法
岩盤破砕工法の施工と岩盤破砕技術のコンサルタントです。お気軽にご相談してください。
はじめに
 日本は火山立国であるため硬い岩盤地帯が点在しており、社会整備する時に岩盤を破砕する工法として、火薬・ダイナマイト破砕、静的破砕、大型ブレーカー他を選定するのですが、近辺に民家や公共の建造物等があり、非常に困難な施工に遭遇する場合があります。そこで、施工条件に合うように開発された工法を紹介します。
技術の分類
プラズマ・電撃破砕ダルダ破砕等による、環境にやさしい岩盤破砕工法
プラズマ・電撃破砕工法: カミナリの原理とテルミット反応を応用した、低振動・低騒音・低飛散の岩盤破砕工法です。
※ダルダ破砕: 油圧セリ矢方式で無振動・無騒音・無飛散の破砕機
※カミナリの原理: 瞬時に高圧電流を発生させる。
テルミット反応
 アルミ粉と金属酸化物(酸化第二銅等)を化学反応させて、金属酸化物の急激な還元(気体・液体への変化)作用によって、爆発的に高温燃焼する。
施工とシステムメーカー
1) プラズマカプセル破砕工法 小岩斫業株式会社
2) プラズマ破砕 韓国株式会社のC.S.Kim Capsule
3) 電撃破砕メーカー 河合石灰工業株式会社
4) ダルダ工法施工 小岩斫業株式会社
  
施工
岩盤掘削においては、岩の硬さが部分によって異なり、岩盤破砕には経験豊富な高度の技術が必要です。
岩盤破砕には、その技術と経験によって、破砕工法のプラズマ・電撃破砕ダルタ等各工法を使い分けて、岩盤を一次破砕します。
また、周辺環境から、民家近接や構造物の影響などの、騒音・振動の問題を考慮して工法を選択することも必要です。
1.プラズマ・電撃での施工
破砕の瞬間 岩盤道路破砕 岩盤立坑破砕
岩盤造成  破砕状況      岩盤道路  破砕状況   岩盤立坑 破砕準備状況        
転石破砕 転石破砕後  
深礎転石 破砕前削孔       転石破砕後
2.ダルダでの施工
砂防工事で使用削孔中 ダルダ破砕 バックホウ撤去

        砂防工事           小型ドリフター削孔中          硬岩をダルダ割岩          バックホウで撤去

工法の特徴と安全性
 
プラズマ・電撃での施工
  (1) 工法の特徴
火薬破砕と同様に、削岩機で削孔した穴(35〜60mm)に、電極とともに装薬します。
低圧電気(100〜200V)をプラズマ・電撃破砕機器(重量10〜20kg)のコンデンサーに充電し、瞬時(1/500〜1000秒)に高圧電流(6〜10KV)を電極に放電します。
装薬材は、非火薬のアルミ粉と金属酸化物です。
装薬材が、高圧電流のプラズマ・電撃で瞬時に燃焼するときに、急激に分子状態になることで、大きな破壊力となります。
  (2) 施工の安全性
工法は破砕力・破砕単価共、火薬破砕と静的破砕との中間に位置する工法であり、火薬破砕と同じく破砕後の破砕確認も可能です。
施工手順も火薬工法と同様ですが、火薬工法と比較して取締法はなく、取扱の危険性もほとんどありません。
高圧電気を使用することで、電気の知識が必要ですが、施工手順を遵守することで安全となります。
また、装薬材も、施工サイドから衝撃・燃焼実験及び成分分析(大阪市立工業研究所等で)試験をして、成分の特徴と安全性を確認済みです。
その他
プラズマ破砕・電撃での施工
1) 工法は現在、兵庫県南西部(全国でも有数の凝灰岩硬岩地帯)で、技術と費用対効果を確立しています。
2) プラズマ工法は、H14年度にNETIS(国交省・新技術情報)に日産建設にて私が登録しましたが、日産建設が会社更正法になりH16年度に登録解除しました。
プラズマカプセル工法は、※開発会社兼工法協会(小岩斫業)他がH24年3月に登録しています。
NETISプラズマカプセル工法
※開発会社兼工法協会  潟с}ガタ、樺メ村、中山興業梶A小岩斫業
 
コスト
1) 施工実績は数多くなりつつありますが、岩盤掘削場所の環境制約条件や岩盤岩質・強度がいろいろあり、施工前にm3当たり単価は見積もりはしません。
2) 現場にある機械を有効利用します。1〜2日破砕実験をして施工サイクルを決定し、あくまでも岩盤掘削を早めるための補助である岩盤破砕の見積です。
3) 破砕費用の参考として、プラズマ・電撃破砕・ダルダ破砕を含む岩盤掘削技術に精通した人員の技術費用(20,000〜30,000円/一人・日数による)と、プラズマ・電撃破砕機損料(30,000〜50,000円/日数による)、ダルダ破砕機損料(20,000円/日)破砕薬剤(大きさによる2000〜4000円/個)、消耗費、安全対策費等であるため、コストは安価です。

Copyright (C) 2010 エコロジー・テクTop All rights reserved.
Welcome to Our Company : Home 当サイトはリンクフリーです。